アジアン雑貨

アジアンファッション

アジアン雑貨・布製品には様々な絵柄があり、見たことはあるものの、まだ日本には浸透していない柄も多くあります。
しかし、私達が普段着ているファッションに、アジアンテイストが自然と入り込んでいるものも実はあるのです。
色と色がにじみあっている場所がありながらも、綺麗に融合しているタイダイ柄が、若者のファッションにはすっかり定着しています。
タイダイ柄とは、染料に布をつける際に布を絞ることでできた色のムラのことで、味のある風合いが人気の柄です。
また、アジアンファッションでは「ストーンウォッシュ」という言葉もよく耳にします。
ストーンウォッシュは、その名のごとく軽石に似ている特殊な石を生地といっしょに洗濯することで風合いを出す、短時間でできる方法です。
これは、デニムで多いケミカルウォッシュと組み合わせることが多い方法です。
アジアンの柄で有名なものには、他にもペイズリー柄があります。
ペイズリー柄は、菩提樹の葉に似た水滴の形をした模様で、日本では勾玉(まがたま)といわれます。
ペイズリー柄の起源はペルシャとされており、その後、インド・カシミール地方で今の柄に近いものがショールなどに使われていました。
ペイズリーという名前がついたのは、1800年頃にこの柄がスコットランド・ペイズリーで同柄のデザインのものの生産が始まったのが由来とされています。
アジアンファッションは素材が肌に優しく、着心地が良いことから人気でもあります。
たとえばタイパンツは、男女ともに人気のアイテムです。
別名フィッシャーマンパンツと呼ばれるタイパンツは、その名のごとくタイで漁師さんが履いているパンツで、脚を通した後で余ったところを体に巻き付けて結ぶというもので、折り返し部分を折って終わりの、履いていてラクなゆったりとしたパンツです。
リゾーチ地にはピッタリのタイパンツは、映画でもハリウッドセレブや日本の芸能人も履いており、プライベートでも愛用している人が多いとか。
愛用者も多いタイパンツは、夏場には履いている若者も多いファッションアイテムです。
アジアン雑貨以上に、洋服のほうが日本人に浸透しているようです。

 アジアンファッション 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi