アジアン雑貨

アジアンファッションの素材

アジアン雑貨のお店にもある洋服は、何よりも着心地が良い、着ていて堅苦しくなく、楽であることが人気の理由でしょう。
よく見かける洋服に使われている素材には、綿・リネンがあります。
綿は日本でも馴染みがある素材で、私達も当たり前に着ているものですが、リネンはアジアンファッションの懐かしみのある風合いをより引き立てる素材です。
リネンとは麻のことですが、麻と呼ばれるうちの亜麻が原料のものを指します。
柔らかくて丈夫な上、吸水性と速乾性に優れており、その特性からシーツやベッドパッドでも使われています。
同じ麻である寝装品に使われるラミーに比べ、柔らかいのも特徴です。
このリネン以外には、麻の仲間でヘンプがあります。
ヘンプとは大麻のことで、触った時の質感はリネンよりもゴワついていて硬い質感です。
大麻というと悪いイメージがありますが、ヘンプは麻よりも化学肥料や農薬を使用せずに育つので、環境にも大変優しい植物なのです。
麻は人類最古の繊維といわれており、快適な着心地を提供してくれる素材です。
アジア地域は日本のように湿気があって暑いので、通気性に優れた素材の洋服が一番適しているのでしょう。
アジアン雑貨店では、現地で造られた上記の素材の洋服がありますが、すべてがそうした素材というわけではありません。
たとえばレーヨンなどが使われているものもあるので、もし現地の感覚で着たいという人は、必ず素材をチェックしましょう。
ちなみにレーヨンは人造絹糸・人絹とも呼ばれており、セルロースから作られた再生繊維のことです。

 アジアンファッションの素材 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi