アジアン雑貨

アジアン雑貨の代名詞・お香

アジアン雑貨のお店に行くと、必ずあるのがお香ではないでしょうか。
アジアンテイストの文化をもつ国には、お香などの香りが強いものを好む印象があると思われます。
お香の歴史はとても古く、私達人類が香りを生活に取り入れたのは、紀元前3,000年・メソポタミア時代からといわれています。
香りは、人と神をつなぐものと考えられていました。
仏教を信仰する国には、必ずといっていいほどお香があるのは、そのためでしょう。
お香の文化は、仏教には欠かせないものとして仏教国に伝わっていきました。
そういった神秘的な側面があるからか、古代から女性たちはより自分を美しく魅せるために、香りをまとってきたようです。
また、香りは地位・権力を象徴するものともされていたようです。
お香を炊いて出た煙は空間の浄化と殺菌を行い、その場の雰囲気も変えるといいます。
私達への効能には、リラックス効果や催眠・鎮静などがあります。
香料産地として有名なのは、今も昔もインドです。
インドから中国に伝わり、日本にも伝わってきました。
日本のお線香も、元をただせばインドにつながるのです。
お香には大きく二つのタイプがあります。
円錐型のコーンタイプとスティックタイプ(日本のお線香に似た形)と呼ばれるものです。
あまり見ませんが、粉末タイプもあるようです。
よく、アジアン雑貨のお店にいくと「インセンス」と書いてあるところもありますが、インセンスとはこれらのお香のことを指します。

 アジアン雑貨の代名詞・お香 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi