アジアン雑貨

アジアの布製品について

アジアン雑貨のお店にいくと、すぐに目に入ってくるのが、色鮮やかな布製品です。
布製品は、それ一枚だけで一気にアジアンテイストを漂わせてくれる魔法のアイテムです。
民族的な色使いや動物の絵、独特な模様は、アジア地域独自の文化を思わせるものばかりです。
布製品には、タペストリーやランチョンマット、テーブルランナーやティーマット、フリークロスといったものがあり、布といってもひと言では片付けられません。
柄も、同じアジアンテイストのものといっても多種多様で、アジア地域内の文化の違いを模様や絵柄から知ることができます。
いかにもアジアン雑貨と思わせるような、どこか懐かしささえも感じてしまう布製品は、コットンや麻を手織りしたものが多いようです。
「更紗」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
更紗というのはインドが起源の布の一種で、木綿地に文様などを染めたものをいいます。
代表的なものがインド更紗で、他にもジャワ更紗やペルシャ更紗、シャム更紗などがあり、多種多様なもののため、定義するのは非常に難しいです。
一般的には、唐草や樹木、人物といった文様を手書きなどを用いて、数種類の多色に染めた木綿製品のことを指すようです。
インド染織は、お香と同様に長い歴史をもっており、2,000年以上にも上るといいます。
インド更紗以外にも種類が豊富なアジアンファブリックは、布の厚さも、しっかりした感触のものから、薄いものがあり、触った時に好きだと思える質感のものを選べる種類の多さが最大の魅力です。

 アジアの布製品について 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi